山陰スバル株式会社山陰スバル株式会社

会社概要 経営理念・行動規範 SDGsへの取り組み 環境への取り組み 健康経営 ワークライフバランス
ACTION PLAN

行動計画

次世代育成支援対策推進法および女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、
次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間 2021年4月1日~2024年3月31日

  2. 当社の課題
    ●女性の管理職が少ない
    ●現業部門において、将来の女性管理職層の母数が少ない
    ●男性の育児休業等の取得者が少ない

  3. 目標と取組内容
    次世代育成支援:男女ともに育児と仕事を両立できる職場環境の構築
    目標1:計画期間内に、男女別の育児休業の取得率を次の水準とする。
    男性社員・・・ 7%以上   女性社員・・・ 90%以上
    <取組内容>

    2021年4月~
    ●育児短時間勤務の対象となる子の範囲を小学校4年生就学まで拡大する。
    ●育児のための制度を周知し、男女ともに積極的に活用できる職場環境を構築する。
    ●管理職向けの研修を実施し、男性社員の育児休業等取得に対する意識の醸成を行う。

    女性活躍推進:女性社員のキャリア形成支援体制の構築
    目標2:計画期間内に、管理職に占める女性の割合を 12%以上とする。
    <取組内容>

    2021年4月~
    ●男女別のキャリアアップに向けた研修等を実施する。
    ●採用活動において、社内で活躍している女性社員を積極的に紹介し、女性の求人を増やす。

従業員データ

2022年度 合計 正社員 嘱託社員 派遣社員 パート社員
管理職 営業職 技術職 事務職 管理職 営業職 技術職 事務職 営業職 技術職 事務職 営業職 技術職 事務職 営業職 技術職 事務職
従業員数 139 25 37 46 31 129 25 32 46 26 10 5 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0
女性従業員数 21 2 0 0 19 19 2 0 0 17 2 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0
女性従業員の割合(%) 15.1 8.0 0.0 0.0 61.3 14.7 8.0 0.0 0.0 65.4 20.0 0.0 0.0 40.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0

(2023年3月現在)

有給休暇取得

2022年度
年次有給休暇取得率
自社 中四国地区全体
71.5% 67.5%

(2023年3月現在)

育児休業等取得状況

2019 2020 2021 2022
育児休業を取得した従業員(人) 男性 0 0 0 0
女性 0 1 1 1
合計 0 1 1 1
子の看護休暇を取得した従業員(人) 男性 8 9 14 13
女性 2 2 2 3
合計 10 10 16 16
子育てのための特別休暇を取得した従業員(人) 男性 2 4 8 9
女性 4 4 5 4
合計 6 8 13 13
子の出生特別休暇を取得した従業員(人) 男性 2 3 1 0

山陰スバルでは、社員のワークライフバランス向上ために、男女ともに育児と仕事を両立できる職場環境にすることが重要と考えております。現時点で、厚生労働大臣認定(くるみんマーク)は1ツ星ですが、これからも星の数を増やしていけるよう、男性社員の育児休業取得促進に取り組んでまいります。

次世代育成支援認定マーク「くるみん」

2022年11月、管理職に対して男性の育児休業取得促進に向けた中四国地区6社合同オンラインセミナーを開催しました。
「男性育休から考える組織の成長」をテーマに、管理職が制度や事例から男性育休の意義を知り、取得しやすい体制作りや、部下の仕事と暮らしを応援できるマネジメントについて学びました。