山陰スバル株式会社山陰スバル株式会社

SHOP TOPICS

鳥取店

フレキシブルドロースティフナーリヤ

投稿日:

寺地です。

 

お客様の、新型LEVORGカスタムパーツご紹介コーナーですが、今回はSTIより新しく登場した・・

 

 

フレキシブルドロースティフナーリヤ」のご紹介です。

 

左右のリヤフレームの後端部(リヤバンパーの内部)にフレキシブルドロースティフナーを装着し適度なテンションを掛けることで、走行中のシャシーのしなりを補正し、機敏な初期操舵としなやかな乗心地の両立を果たします。


四輪の路面接地性を高めることでコーナーリング中の走行安定性が増し、クイックで素直なステアリング操舵感を実現します。

 

と、いうことで、さっそく装着をスタート。

 

 

補強系部品の中では、取付に時間がかかる商品です、リアバンパーを外さねばなりません・・・。

 

 

 

正直に言うと、私は最初にこのドロースティフナーを見たときに・・・・

 

「こんな細い棒で剛性UPできるんだろうか・・・・???」

 

と、思いました・・・。この考えは間違っていたのです。

 

 

取付部分のステーは、リヤフレームの硬いところに装着されます。

 

フレキシブル系のパーツははかなり個性的な部分があって、補強パーツとは違い、実はどれもパーツ自体は強度を高めるといった役割ではありません。

 

 

フレキシブルタワーバーは中央部でくねくねと曲がるように造られてますし、ドロースティフナーはびっくりするくらい細い棒です。

 

実は、このフレキシブルのシリーズは引っ張る方向にはテンションがかかるようになっていることがポイントです。

 

 

取付は、トルク管理が重要です、締めすぎても、緩くてもダメ。専用のトルクレンチで測ります。

 

 

 

各部分をしっかり固定したら、最後にテンションの調整をします。

 

「必要な部位に『引っ張り』のプリロードをかける」、これが重要となります。

 

 

そもそも、新型レヴォーグは剛性が高く、ここに剛性UPのパーツはあまり意味がありません。

 

フレキシブルパーツの役割は、「ひっぱりのテンション」をかけること。

 

ドライバーの運転が上手くなるようなチューニングが施されます。

 

お客様も、装着後の走行を愉しみにされている様子。

 

N様、ご協力ありがとうございました!!

 

新型レヴォーグのますますのチューニングアップ。期待できますよ★